時限式ですが、何か?

ウィルスは特定のファイルを開いたら感染するなど、様々な経路で何処から侵入してくるのかわからないといった面倒なことになっているので見つけるのも対策を施すのも異なります。

ロジックボム

ウィルスは特定のファイルを開いたら感染するなど、様々な経路で何処から侵入してくるのかわからないといった面倒なことになっているので見つけるのも対策を施すのも異なります。インターネットに繋いでいる時点で脅威に曝されていると思ったら、どこか吹っ切れるでしょうが元からそんな危険を身近に実感している人はほとんどいないでしょう。もしもとして、感染したらすぐにパソコンが壊れてしまうというような画期的過ぎるウィルスが登場した場合にはそれなりに警戒をする必要が出てくる可能性もあると思いますが、基本的に大半は対策ソフトをインストールしていることで安心している、そう思っていると考えていいでしょう。そんな油断を突いてウィルスは侵入してくるわけですが、侵入しても実はすぐに作動しないである一定の時間になったら起動するように設定されているウィルスも存在しているのです。それは『ロジックボム』という、現実世界でいう所の時限式爆弾というものになります。これは特定の時間、もしくは日時になると自動的に作動するウィルスとなっているので、既存の検知できるものなら事前に削除することも可能でしょうが、新種のセンサーに引っかからないようなものならそのまま潜りこんだままコンピューターに深刻なダメージを与えるということになってしまうのです。

このロジックボムに関してはアメリカで大々的に犯行声明としてばら撒かれた『ミケランジェロ』というものが有名でしょう。この時には何とか数千台という規模に留まることになりましたが、当初は500万台というアメリカ全体に影響を与えるような規模の被害を被る事になるだろうと予想されていたそうです。とんだ肩透かしですが、感染してしまったコンピューターを持っている人からすれば不運と言ったところでしょう。その後に予測は予測であって、それは確実に当たるものではないという声明を聞いたときに、被害に合った人はこの言葉に対して非常にやりきれない感情になるでしょう。無責任すぎる発言をしたことで非難を浴びてしまう、といったこともあったかもしれませんね。

ロジックボムの性能

このウィルスが発動することで与えるコンピュータ的な被害としては、現実でいう所の爆発に近い症状を受けることになります。パソコンで言うところの爆発というのは論理的な爆発ということを意味しており、パソコン事態は壊れることがありませんが中に在るデータそのものに大打撃を与えることを意味しています。中にはこの名称の通り作動すると実際に音声として爆発音が流れるロジックボムというものも実際に作られているらしく、音共にデータが吹き飛んでしまったということになってしまいます。この音を伴うボムを仕掛けてみた的な動画がアップされていたりしますが、大抵被害にあう人たちはヘッドホンをしています。とんでもないことになりますね、ヘッドホンの予期していない爆発音がいきなり流れ込んでくるなんて心臓に悪いことこの上ないですね。そして仕掛けている人も明らかに驚かすという悪戯心から仕掛けているという、完全に悪意に満ちていると言えるでしょう。本人からすればあくまで遊び心の一つであると思っているかもしれませんが、大半がそんな風に思考を反転させることはしないでしょう。仕掛けられたらほとんどの人が製作者に対して強い怒りを覚えるでしょう。音だけならまだしも、データも吹き飛んでしまうというようなことになったら確実に殺意を抱くでしょう。今ではネット上で悪戯として利用もされているボムですが、やはり感染して驚いた次の瞬間にはパソコンのデータが破損してしまったなんて展開には見舞われたくはないでしょう。

他のウィルスと違い

ロジックボムはまさしく爆弾で、一度起動したらパソコンのシステムそのものに大ダメージを与えることになりますが、そこはその他のプログラムと異なっているところです。ワームやトロイと言ったものは感染するとその他のシステムに感染して徐々にシステムを侵食していくことになりますが、実はこの侵食も度を越してやりすぎてしまうとウィルス自体が起動することが出来なくなってしまうという欠点があるのです。こう見ると感染したら一番厄介なのはロジックボムでしょう、下手したらパソコンそのものが使えなくなってしまうということになります。もしも新品のパソコンに感染してしまったら、買ったばかりなのにすぐさま修理に出さなければならない、ということになりかねます。OSなどを組み立てられるといった技術があるなら自力で直すことも可能でしょうが、そうでないなら壊れてしまったらそれはもう余計な出費となって、更にお財布の中身を軽くしてしまうでしょう。パソコンが普及したことで安くなったとは言っても、まだまだ手頃な値段で提供されているとは言えない状況ですからね。新品のパソコンが、よりにもよってロジックボムに感染してしまうという事態は、極力あいたくないものです。

トップへ戻る