代表的なアンチウィルスソフト

先ほどまで説明した脅威からパソコンを守るために利用しているアンチウィルスソフトをインストールしていると思いますが、その種類も非常に多いでしょう。

あなたはどのソフトを使っていますか?

さて、先ほどまで説明した脅威からパソコンを守るために利用しているアンチウィルスソフトをインストールしていると思いますが、その種類も非常に多いでしょう。ですが共通してはいけないことしてあげられているのが、一つのパソコンの中に同じ類のアンチソフトをインストールしてはいけないということです。初心者からすれば複数入れたらそれだけ防御力というものが増すのでは、と感じる人も要るでしょう。私も実際にそう思っていたのですが、調べてみると最悪パソコンそのものが軌道不能になってしまうという事態になる機能障害を引き起こしてしまうというのです。恐ろしいものですね、同機能を入れていたらそれだけ脅威を伴ってしまうということなのでしょうが、逆に機能がかぶっていなければどう種類のソフトをインストールしていても問題ないということです。

つまり、同業商品であってもとある一つのソフトではカバーしていない機能を別会社の製品で補っているということに関しては原理的に動作すると考えられていると言われています。つまり可能性としては動くこともできると考えられていますが、保証する事はできないというのです。そういったことを避けるために大手にしても、少しマイナーな会社であってもある程度全ての機能を持っているソフトを作り出している状況ですから、後は何処のソフトを使えば一番安心なのか、ということに着目して選べばいいでしょう。

何処を使っているのかというのは、やはり個人の好みであったりもしますがやはりクチコミ的に、利用している人の評判がいいものを選択しているという人もいますが、その後の選択はやはり個人的に異なってくるでしょう。では具体的にどんなところがよく利用されているのかを紹介しましょう。

マカフィー アンチウイルス
多くの企業・個人でも利用しているマカフィーを利用している人も多いでしょう。トロイの木馬を世界で始めて検知することに成功した会社でありその他の機能としてもバランスよく備わっていることから頻繁に導入しているところもあるでしょう。基本的に有料で導入することになりますが、老舗的に信頼できるソフトなので初心者の人はこちらのマカフィーを導入してみるのもいいかもしれないですね。
ノートン アンチウィルス
日本的な基準で考えると最も一般的なソフトとなっているソフトの一つであり、利用している数としてはマカフィーに並ぶほどとなっています。ところがマカフィーに市場が押されていたということもあるのか、そこまで評判的には良くない方向で認定されていたということもあって伸び悩む時期もありました。それを顕著に示しているよう、同業他社と比較したときにウィルス検知率は決して高くないという結果がはじき出されています。
ESET Smart Security
現在日本で最も大きなシェアを占めているアンチウィルスソフトとして認知されており、日本では東京大学情報基盤センターが導入しているということで知られています。知名度的には確かにそこまで知られているソフトではないのですが、性能に関してはそのような大手を上回るような機能を持っているとの評判を受けており、現在日本の中では急上昇しているソフトとなっています。

無償商品もあり

上記は特に日本の中で最も有名な会社として知名度とソフトの名前も広く知られている会社となっており、この三社でほとんど市場を独占した状態となっていましたが、個人向けのソフトが発売されたり、もしくは無償で利用することができるソフトというのも登場してきているのです。アンチウィルスソフトというものは基本的にそこまで安い値段となっているとは言えないのです。また、一度買えば半永久的に利用することができないという性質があり、購入してから利用することができるまでの期限が設けられているので、そのことを良しとして見ていない人も中にはいるでしょう。ここで書く無料ソフトというものはマイクロソフトが開発したものもあるのです。

また有料ソフトに関しても高機能で他社と差別化を図るために高機能を搭載しているようなソフトも登場してきているので、市場としては何処を選べばうちがお得ですと言った感じで呼び込まれることもあるでしょう。こうなると正直目移りをしてしまって何処の製品を購入すればいいんだろうと、悩んでしまうと思いますが、やはりどのような機能が搭載されているのかということに着目して考えるべきでしょう。ソフトを買う目的はウィルスに極力侵入されないような環境を作り出すということを目的にしているので、その理想を作り出せるのは何処の製品なのかということを重点において選ぶべきでしょう。

後の基準としてはやはり色々と加味して選ぶ必要があると思いますが、最も比重に置くべきは先ほど話した機能という側面ですので回りの意見を聞きながら慎重に選んだほうがいいかもしれません。

 
トップへ戻る